「東炊き」

1910年代の教会で使われていたフランスの古着を
リサイズした商品。

東炊きのやわらかい生地を使用することで、
実物の古着に近いきれいな襟元のギャザーを表現。
とても軽い素材でふわっと着用していただけます。

「東炊き」
江戸時代に行われていた「釜入れ」という生地の染め方を現代によみがえらせた染色技法のこと。
当時は織りあがった生地を小さな五右衛門風呂に入れ、
草木から抽出した色を混ぜてじっくりと煮る、という方法で染めていました。

一度窯で煮ているため、何度も着用したような
くたっとした風合いのある生地感を楽しんでいただけます。

#インスタライブ #セレクトショップ #ネックレス#たにの手帳
#白黒コーデ#古着好き#ヨーロッパヴィンテージ
#今日のコーデ #変身動画 #着回しコーディネート
#usedリメイク#古着リメイク#ヴィンテージ
#古着好きな人と繋がりたい #古着女子
#古着雑貨#古着スタイル
#シンプルスタイル#サルエルパンツ

投稿を作成しました 933

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る